低用量の経口避妊薬の錠数

低用量ピルと呼ばれて経口避妊薬として用いることが出来る薬がありますが、これには女性ホルモンが含有されています。

まず、避妊薬の錠数ですが21錠が1シートになっているものがあります。
これは、飲み方の注意点がありますが、1錠ずつ決まった時間にシートの順番通りに21日間は飲み続けて行きます。
そして、1シートを飲み終わったら7日間は避妊薬を休みます。
休む期間を作る必要があるのが、21のシートの特徴です。
7日間、休んだ後から、また新しいシートを同じように飲んで行きます。

次に、28錠タイプのシートですがこちらは女性ホルモンの入った21錠に加えて、ホルモンの入っていない偽薬、いわゆるプラセボが7錠プラスされているシートです。
こちらの飲み方は、1錠ずつ決まった時間に順番通り28日間かけて飲みます。
プラセボが入っていることで、薬を休止する期間を作る必要がないので飲み忘れを起こしづらくなるので便利です。
1シートを飲み終わったら翌日からまた新しいシートを飲み始めて行くようになります。

どちらも女性ホルモンの入っている錠剤を飲み終えてから、2~5日後に月経が始まります。
ですから、避妊薬として用いる場合には、自分のライフスタイルや性格などから飲み忘れを起こしそうな心配がある場合には、28錠のシートがお勧めです。
どちらのシートにしても、用法、用量を守ることを意識した上で適正の服用するようにしましょう。
24時間以内に飲み忘れに気がついた場合には、すぐに服用し、当日に飲むと決められていた分もその時間に飲むようにしましょう。

シートで管理をしている薬ですので、自分なりに分かりやすくする工夫も行ってみても良いでしょう。

▼緊急避妊薬についての参考サイト
アフターピルの仕組みをきちんと理解して使用する

▼おすすめのピルの通販サイトです
通販でトリキュラーを買うならまず知識をつけよう